アニメ私塾 室井康雄さんの本、最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術届きました!

アニメ私塾 室井康雄さんの本

本日予約していたアニメ私塾 室井康雄さんの本【最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術】が届きました~~!!予約開始日からまだかな~と思ってワクワクしていましたが、ついにこの手に!!

著者の室井康雄さんって?

アニメ私塾の室井さんは大学卒業後スタジオジブリに入社、退社後にNARUTOやエヴァンゲリヲン破、Qなどの作品を経て電脳コイルにも携わっていた方です。

本に載っていたのですが、本格的に絵を描き始めたのは19歳の頃で、もっとうまくなりたいと練習を重ねた結果、三年でスタジオジブリの入社に合格したそうです。

本内には描きはじめた当時のイラストと練習を重ねた後のイラストなんかも載っており、具体的にどんな練習をしたのかという事もかかれていました。

絵は描いているつもりだけれど、上達している感じがしない…というひとは、この練習法を試してみるのもいいかもしれません。

本だけじゃなくDVDもついてくる

アニメ私塾 室井康雄さんのご本には何と今回DVDもついてきます!アイドルの虹のコンキスタドールのメンバー(イラストレーターチーム)根本 凪さんと一緒にイラストを描く過程を披露して下さっています。

三次元のものを二次元で描く上でのポイントなど説明しつつ、生で描いている過程が見られるので勉強になりますよね。

室井さんはツイッターや動画で無料でノウハウを公開して下さっているのでそちらを見るだけでも新たな気づきがあります!

最近では資料を見ながら絵を描くのはズルい!?みたいな考えも出てきているようですが、やっぱりものをしっかり見て描くというのは大切な事なんじゃないのかなと私は思います。

なので、見ながら描くというのは悪いなんて思わず、じっくり観察していこうと思いました。

テキスト内容

今回のアニメ私塾さんの本にかかれているのは

Part1:これから絵をはじめる人のための準備
Part2:確実に上達する「模写」のコツ
Part3:「実物の線画化」で画力を底上げする
Part4:キャラクターに「躍動感」を持たせるポーズの描き方
Part5:空間表現とレイアウト
巻末付録:添削例でおさらいしよう

という感じです。

顔の描き方、補助線を使った全身の描き方、服のシワやデフォルメの際のポイント、躍動感のあるポーズについて、空間パースの基本などなど、キャラクターだけでなくイラストを描く上でポイントになってくることが一通り書かれています。

アニメ私塾の塾生さんの添削なんかも載っているので、自分もこういう癖があるな、こう描いてしまっていたけれど、こっちの方が魅力的だなっていう発見もありました!

動きのあるイキイキとした絵を描きたい!!

どれもファンアートで申し訳ないのですが、↑の絵が私が今描く絵です。

理想はキャラクターがイキイキとした、動きのある絵が描きたいのですが…どれも棒立ちというか、表情が硬いというか…。

動きのバリエーションや構図なんかも色々なものを見ると引き出しが増えてくるのかな?このポーズいいな~と思ったら模写してみるクセをつけるようにしようと思いました。

好きなアニメーターさんや漫画家さん、イラストレーターさんの模写をするのも良いかもしれません。好きな作品だとテンションも上がりますし、楽しくできそうです。(しかしこだわりが強くなってぐぬぬ…となりそうな気もしますが(笑))

私はアニメーターさんでは吉田健一さんや西屋太志さんが好きなので、設定資料集なんかを見ながら練習をしていきたいです。

室井さんの【アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術】は書店さんでも並んでいるようですが、サイン入りのものは即完売しているみたいです!!サイン入り、私も欲しかった(*´;ェ;`*)

楽天さんやamazonさんでも扱っているので、そちらも利用してみるといいかもしれませんね♪私は楽天ブックスさんで購入しました(*´∇`*)

●楽天ブックス⇒ DVDビデオ付き! アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術 [ 室井康雄 ]

●amazon⇒ DVDビデオ付き! アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術

まだ本を読み始めて数ページですが、確実に言えることは…本を読んだだけでは上達しない!!という事。

本を読みながら復習も兼ねて練習していきたいと思いました♪


カテゴリー: イラスト, 日記, 気になるものたち タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です